【小ワザ特集】iPhoneアプリ “ショートカット”

こんにちは。

最近、iPhoneをアップデートしたら、なんか新しいアプリがインストールされた…!!ということがありまして。

ios13から、“ショートカット”というアプリが標準搭載されることになりました。

これが、まぁなんと便利!使ってみたら便利便利!!!

今回はこの

ショートカットアプリについてご紹介していきます。

まず、ショートカットですが、その名の通り、作業をショートカットするためのアプリです。

どんなことができるのかといいますと、

・現在地からの帰宅ルートの検索

・写真からGIFへの編集

・タイマーの設定

・スケジュールを自分自身にメール

・勤務先到着時のリマインダー設定

などなど…

書ききれないほど、たくさんのことを通常の半分ほどの時間で行うことができます。

ここでは、バースト(連写モード)で撮影した画像をGIFに編集する、という作業を例に紹介していきます。

バースト(連写モード)で撮影した画像をGIFに編集する

①ショートカットアプリを開く

②下部のアイコン、一番右の「ギャラリー」をタップ

 ギャラリーの中には、あらかじめショートカットできるよう組まれたプログラムが並んでいます。

③写真というカテゴリーから「バーストをGIFに変換」というツールを選択

④ショートカットを追加を選択

⑤最初のマイショートカットのページに戻り、追加した「バーストをGIFに変換」ツールをタップ

⑥GIFにしたいバースト(連写モード)で撮影した画像を選択

⑦GIFにしたイメージ映像が流れるので、確認 (※この時点ではまだ保存されていません!!)

⑧右上のダウンロードマークをタップ

⑨「画像を保存」を選択

これでバーストで撮影した写真をGIFにして保存することができました!!

通常、写真からGIFを作成する場合、10工程以上の作業をしなくてはなりませんが、

ショートカットを使用すれば、GIFに変換する作業は写真を選択するだけで完了します!!

今回は、ギャラリーからすでにプログラムされたショートカットを追加して行いましたが、

自分で好みの動作をプログラミングして、新しいショートカットを作成することも可能です。

ぜひ、みなさんも自分だけの便利なiPhoneをカスタマイズしてみてください( *´艸`)